2015年04月29日

蕎麦の栄養と効果



蕎麦は炭水化物です。

ですが、他の麺類よりも健康に、そしてダイエットに効果的です。

なぜなら、タンパク質や各種ビタミン、ミネラルなど、
健康を保つための有効成分がたくさん含まれているからです。

ダイエット中に炭水化物は基本的NGです。

とはいっても全く食べないのは、それはそれでよくありません。

ですが、そうめんやうどんを食べるなら、蕎麦がおススメ。

蕎麦は、アミノ酸がたくさん含まれているので、
脂肪が燃えやすくなりますし、
アンチエイジング効果のあるポリフェノールの一種
「ルチン」が含まれているので、
脳内出血や動脈硬化、高血圧の予防にも効果が期待できます。

また、このルチンは、ビタミンCの吸収も助けるので、
蕎麦は、美容にも良い食べ物ということができるのです。

蕎麦を食べた後に、イチゴや柑橘類など
ビタミンCを含むフルーツ等をデザートに食べると、
そのビタミンCが美容効果をもたらせてくれますよ。

また、蕎麦は食物繊維もたっぷりです。

便秘がちの人は、夏場、水をたくさん飲む、
蕎麦を食べる・・・というだけで、
お通じがよくなるかもしれません。

一度試してみてくださいね。









posted by かせ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

さくらんぼの栄養と効果


さくらんぼは、鉄分がたっぷり含まれているフルーツです。

ですから、貧血の改善や、疲労回復などに効果があります。

鉄欠乏性貧血の女性、多いですよね。

さくらんぼを食べて、貧血が改善できると良いですね。

ただし、糖質もたっぷりなので、やはり食べすぎには要注意です。

他の栄養素としては、カリウムやカロチンが多く含まれています。

ですから、高血圧、むくみ、手足のしびれ、足がつる、
目の疲れ等の解消にも効果が期待できます。

さくらんぼが食べられる季節は短いですが、
このように女性に嬉しい栄養素がたっぷりです。

季節のものを食べると良い!と昔から言われているように、
さくらんぼが店頭に並んでいるときは、
意識して毎日少しずつ食べるようにすると良いですね。

また、さくらんぼの軸を煎じて飲むのもおススメですよ。

さらには、さくらんぼの種もきれいに洗い、
袋に入れてレンジで温め、湯たんぽ代わりに使うのもおススメです。

子どもの頭痛や腹痛に、さくらんぼの種を使った湯たんぽは、
効果があるといわれていますよ。






posted by かせ at 19:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする