2015年06月25日

ひよこ豆の栄養と効果


ひよこ豆が話題ですね。

ひよこ豆とは、「ひよこ」の頭部に似ている豆で、
ヨーロッパやアフリカ、トルコやエジプト、インドなどで
多く食べられています。

日本でも、最近、その栄養が注目され、
話題になっていますよね。

●ひよこ豆の栄養と効果

ひよこ豆には、タンパク質だけでなく、
カルシウムやビタミンB1、マグネシウム、カリウムなどの
ミネラルがたくさん含まれています。

ビタミンB1は、糖質の代謝を促進する効果があるので、
夏バテの予防や回復に役立ちますし、
肩こりや筋肉痛にも効果があります。

カルシウムやマグネシウムには、
精神不安を解消したり、
倦怠感や憂鬱感、不眠の回復にも効果があります。

カリウムには、むくみを解消する効果が期待できます。

また、ひよこ豆は、女性に嬉しいイソフラボンも多く含まれています。

更年期障害の改善、月経トラブルの改善など、
女性特有の症状の緩和にも効果が期待できますし、
骨粗鬆症の予防、美肌効果も期待できるでしょう。

さらに、ひよこ豆には、鉄分や葉酸もたっぷり含まれています。

貧血予防にも役立ちますよ。

●ひよこ豆の食べ方

ひよこ豆は、ビタミンCを多く含む食材と一緒に食べることがおススメです。

サラダなどのトッピングとしていかがでしょうか。

また、スープなどに入れて食べても良いですね。









posted by かせ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

プラム(すもも)の栄養と効果


プラム(すもも)に含まれる栄養素は、
ビタミンA、ビタミンC、βカロテン、食物繊維などで、
不溶性食物繊維も水溶性食物繊維も含んでいるので、
女性の悩みの一つ、「便秘」の解消に効果があるといわれています。

ですが、穏かな効き目なので、
食べてすぐ便通がよくなるというものではありません。

毎日少しずつ食べると良いそうですよ。

また、抗酸化成分であるポリフェノール
(アントシアニン)も含まれているので、
アンチエイジング効果も期待できます。

アントシアニンは、目の疲労回復効果も期待できます。

血液をつくる成分として有名な「葉酸」も含まれていますから、
貧血対策にも役立ちます。

そして、血色の良い美しい肌を作る効果があるので、
美容を意識する女性、
女子力UPを図りたい女性におススメです。

さらに、すももの酸味は、夏ばて予防にも効果的。

クエン酸やリンゴ酸、コハク酸が含まれるので、
疲労回復に役立ちます。

このように、様々な健康効果のあるプラム(すもも)は、
一日一つ食べるのがおススメ。

新鮮なものを毎日一つ、食べてみてはいかがでしょうか。









posted by かせ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする