2015年06月11日

ライスミルクの栄養と効果



ライスミルクってご存知ですか?

ライスミルクとは、お米を原料とした牛乳のような飲み物で、
ニューヨーカーたちの間で話題になり、
日本でも流行しつつあります。

豆乳やアーモンドミルクのように、
植物性ミルクとしてアメリカでは普通に飲まれているそうですよ。

●ライスミルクの栄養と効果

ライスミルクの栄養は、玄米の栄養と同じような感じです。

たとえば、GABA(脳への働き)、
ガンマオリザノール(コレステロールの抑制)、
ダイエット効果、新陳代謝を高める効果、
美肌効果、便秘解消効果などがあります。

ライスミルクは、「ミルク」とは言っても
牛乳ではないので、牛乳が嫌いな人、牛乳アレルギーの人でも
飲んだり、調理に使うことができます。

また、牛乳のように脂肪分は多くありません。

カロリーも牛乳より低いので、
ダイエット中の人でも安心して飲むことができます。」


●ライスミルクはどのように飲む?

ライスミルクは、もちろんそのまま飲むこともできますが、
牛乳を使って作る食べ物には、ライスミルクを代わりに使うことができます。

たとえば牛乳寒天をライスミルク寒天に・・・
カフェオレをライスミルクラテに・・・
パンケーキやクレープなどに・・・牛乳の代わりに
ライスミルクを使ってみるとどんどんレシピが広がります。

ライスミルクの味は、ほんのりお米の甘みがします。

癖がないので、牛乳や豆乳は苦手・・・でも、
意外と大丈夫!という人が多いようです。

とはいっても最初は勇気が要りますね。

ドラッグストアなどでも売っていますから、
ちょっと試しに少し買ってみて飲んでみるのも良いかもしれません。











ラベル:ライスミルク
posted by かせ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄米の栄養と効果



玄米は、白米よりも栄養が良い! 美容に役立つ!

などと言われていますね。

そこで、どのような栄養があり、
どう美容に役立つのか・・・調べてみました。

●玄米と白米の違い

玄米は白米に比べて、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているといわれています。

具体的には、

玄米のビタミンB2は、白米の2倍!

玄米のビタミンEは、白米の5倍!

玄米の食物繊維は、白米の5倍!

玄米のビタミンB1は、白米の8倍!

と言われています。

この栄養素を見ただけで、お肌やダイエットに効果がありそう!ということが想像できますね。

では、このような栄養素が含まれている玄米は、
私たちの体にどのような効果をもたらすのでしょうか?

●玄米の効果

玄米を食べると、美白効果、むくみの改善、老化防止、
ダイエット効果などが期待できます。

たとえば、ビタミンEは、
身体をさび付かせる活性酸素を中和する働きがあるので、
お肌の老化、内臓の老化を予防します。

また、食物繊維も、便秘がちな女性にとって魅力的です。

便通をよくする効果のある玄米を食べることによって
便秘が改善されれば、
下腹ぽっこりも改善できますし、
代謝が良くなって肌のターンオーバーも盛んになり、
肌の老化防止にも役立ちます。

●玄米の副作用

玄米は食品なので、「副作用」はありません。

ですが、玄米を食べると下痢になるという人もいます。

それは、しっかり炊けていない場合、
よく噛んで食べていない場合に多いと言われています。

体質に合わず、続けられないという人は、
通販などで、レトルトパックの玄米等を買って
食べてみると良いかもしれません。







posted by かせ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする